ガラス彩話

ガラスを彩る話(コラム)をいろいろな本から抜粋して「ガラス彩話」としてまとめました。粋で、遊び心がいっぱいにあふれる「和ガラス」の世界をガラス彩話で感じてください。

【ガラス彩話】①  氷コップのル-ツ

明治の初め、かき氷が売られ始めた頃の容器は、酒飲みコップなどが使われていた。

明治末期から椀型の「氷コップ」が登場して、大正時代には、水玉や玉だれなどの乳白で色抜きされた美しい「氷コップ」が現われた。

詳しくはこちらをクリック

【ガラス彩話】②  明治の「あかり」

「あたしの家にも洋燈の部屋もあれば、行燈もあるし、時によると西洋蝋燭をたてた硝子のホヤある燭台も出たりしていた」          長谷川時雨

「燭台や行燈すててランプたき我が家を焼きて野宿する人」          ランプ亡国論:佐田介石

詳しくはこちらをクリック

【ガラス彩話】③  コップと一升瓶

「コップ酒」はおそらく明治から使われ始めた言葉だが、文政年間の川柳にも「暑い日の酒は是ぞとこつぶ好き」というのがある。盃ではものたりずにガラスのコップで酒をあおる姿は江戸後期にはもうさほど珍しくなかったのかもしれない。

詳しくはこちらをクリック

 

       

       和ガラス    フォトギャラリー

お知らせ及びお詫び

現在、フォトギャラリ-に掲載しております写真は、大門蔵内の仕分作業中のためまだ一部しかアップされておりません。作業が完了したものから順次アップして参りますので、大変に申し訳ございませんが全品掲載まではもう暫くお待ちください。 

詳しくは「善光寺大門蔵

感染防止徹底実施宣言

大切な人を守るため、
「うつらない・うつさない」

takizawashoten@dune.ocn.ne.jp

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

「お問い合わせフォ-ム」クリック

「洋燈藏蔵書」新書紹介

日本近世・近代ガラス論考
岡本文一著 令和2年新潮社 

西洋から伝来したガラスの日本における近世・近代のガラスの歴史を専門的な製造技術から考察した論考書です。
日本のガラスに興味をお持ちの方にはおすすめの一冊です

岡本文一(おかもとぶんいち)
早稲田大学卒業
東京ガラス工芸研究所
明星大学教授、名誉教授

玻璃器蔵 蔵書
「近世・近代ガラス論考」

【大蜘蛛伝説】(2018)

武蔵野ミュージアム
「米倉+ジュリア展
                  だから私は救われたい」
                               (11/6~3/7)

鑑賞できる美術館

NEWS

【クリスタルパレス:万原子力発電国際産業制作品大展覧会】(2012)

ギャラリ-の暗闇で輝くウランガラスで制作されたシャンデリアや巨大なウランガラスの蜘蛛が浮かびあがる姿はウランという鉱物がもたらした強大な原子力に対する示唆を与えてくれる。(美術手帖引用)

NEWS

abn長野朝日放送「いいね!信州スゴジカラ」12月19日放送【書道のまち長野市篠ノ井の書在地】で当店所蔵の川村驥山扇揮毫「福喜受栄」額と貴重な驥山扇のプライベート8mmが当店元会長夫人のインタビューと供に放映されました。
 

看板&家宝
「川村驥山扇 揮毫」

NEWS

NHK「チコちゃんに叱られる」2月28日放送【石油ランプの秘密】で当店HPの石油ランプの資料が使用されました。

リニューアル履歴

 東京都感染防止徹言底宣

                               整理番号:105633