和ガラスの世界    瀧澤商店トップページ

和ガラスの世界


「和ガラス」は、西洋のものを日本人の感性で独自に作り上げた芸術品です

創業明治19年
「日本橋 瀧澤本店」 

日本人感性を生かして、明治・大正・昭和初期

にかけて創られて来た「和ガラス」。

玻璃器(ガラス器)を中心に洋燈(石油ラン

プ)や日用小物など、素朴な温かさのなかに繊

細な美しさを持った「和ガラス」の美をお楽し

み下さい。

明治はガラスという素材が生活のなかに深くと

けこんでいった時代でした。

古きうつわたちには個性と表情がありました。無色透明のガラスが日常を演出し、

妖精のような色ガラスが都市のモダンさを象徴していました。

「和ガラス」は、アンティークガラスとかレトロガラスといった骨董品として見て楽しむだけ

ではなく、普段の暮らしの中で気軽に使う楽しみを味わうことで、あなたのライフスタイルを

より豊かで潤いあるものに演出してくれるはずです。

​そんな、粋で、遊び心がいっぱいにあふれる「和ガラス」の世界をご満喫ください。

 

「日本橋 瀧澤本店」
​     クリック

 色被せ切子グラス            (当店所蔵)

ガラスはもともと、海外から伝わったもの。

「ギヤマン」「びいどろ」などと呼ばれた、非

常に高価な品。日本では、江戸時代に入るとガ

ラスづくりが本格的に始まります。 

明治維新後の文明開化で、西洋から近代的なガ

ラスの製造技術が入ってくると、当時の職人た

ちは懸命にその技を学びました。

やがて技術が発達し、驚くほど様々なものがガ

ラスで作られ、人々の暮らしに溶け込んでいきます。その中で日本人の手により、日本の暮ら

しに合わせた形や意匠が生み出されます。

和のテイストを持ったモダンなガラスの作品が「和ガラス」です。 

一点一点職人たちがこだわりを持って作り上げたガラスの器。

そこには、工匠の工夫や室礼による涼味があり、洒落があり、遊びが感じられます。

「和ガラス」は、西洋のものを日本の感性で独自にアレンジした芸術品です。

日本のガラス小史
クリック

脚付座敷ランプ (明治時代)
【当店所蔵】

石油ランプは、幕末から明治にかけて日本にも

たらされ、人々の暮らしを一変させました。 

まさに文明開化の象徴でもありました。

石油ランプが最も盛んだったのが日露戦争後の

好況期で、手軽で明るいランプは庶民たちにも

手放すことのできないものでした。

また、こうした実用本位のものだけでなく美し

いガラスを使い、手の込んだ装飾を駆使した贅

くな座敷用ランプも多く作られました。        

明治の終わりになり電気が家庭に普及するようになると、より独創性にあふれた凝ったデザイ

ンのガラスランプが職人たちによって作り出されます。

明治~大正時代のガラス製品には不格好なものが少なくありません。しかしそこにはその時代

ならではの空気が封印されているのです。

西洋の技術を取り入れながら、しっかりと「和のガラス」をつくってしまう日本人の想像力に

改めて感動してしまいます。

陶器や漆器とは異なり、光を透し、響きあうガラスは、日常に独特の光を放っています。

粋で、遊びごころいっぱいの「和ガラス」の美を感じて下さい。

著書に見る和ガラスの魅力      
クリック

     「日本橋 瀧澤本店」のこと

     和ガラスのこと

     玻 璃 器 蔵

     洋 燈 蔵

     著書に見る和ガラスの魅力

     ガラス彩話

明治の初め、かき氷が売られ始めた頃の容器は、酒飲みコップなどが使われていた。    明治末期から椀型の「氷コップ」が登場して、大正時代には、水玉や玉だれなどの乳白で色抜きされた美しい「氷コップ」が現われた。

「あたしの家にも洋燈の部屋もあれば、行燈もあるし、時によると西洋蝋燭をたてた硝子のホヤある燭台も出たりしていた」長谷川時雨        「燭台や行燈すててランプたき我が家を焼きて野宿する人」ランプ亡国論:佐田介石

グラスのタイプ&用途    カクテル・リキュ-ル・シェリー・ブランデー・シャンパン・ワイン・ゴブレット・ジョッキー・タンブラ-・オ-ルドファション・ピルスナ-・サワ-・ショット・パフェ etc

 

       

       和ガラス    フォトギャラリー

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、メ-ルにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

takizawashoten@dune.ocn.ne.jp

営業時間:10:00~17:00(日祝を除く)

和ガラスの世界    瀧澤商店トップページ

全ての画像をクリックすると拡大画像を表示します。

「和ガラス」の定義について

当店ホ-ムペ-ジでは、明治・大正・昭和初期にかけての年代に日本国内において作られた 玻璃器(ガラス器)や洋燈(石油ランプ)などを総称して「和ガラス」としています。   また、ホ-ムペ-ジ内の表記している「和ガラス」の製造年代は当店の推定年代です。

リニューアル情報

2017年3月1日

【グランドオ-プン予定】
遅れておりましが、4月1日内容を充実してオ-プンの予定ですのでご期待下さい。

リニューアル履歴

2016年12月01日

「長野 見どころガイド」 のペ-ジを更新しました。 当店ともゆかりがある書道家川村驥山の作品を展示する「驥山館」の紹介です。  またご縁があって当店にも川村驥山扇 揮毫の額と掛け軸を収蔵してます。

2016年8月25日

「長野 見どころガイド」 のペ-ジをアップしました。
​善光寺大門蔵のある長野市周辺を中心に信州・北信地区の見どころをご紹介してます。

2016年8月9日

安川巌著​「原色圖説洋燈考」のペ-ジをアップしました。

2016年4月19日

「ガラスがわかる用語集」「鑑賞できる美術館」の  ペ-ジをアップしました。

詳細はこちら

お問合せはこちら

takizawashoten@dune.ocn.ne.jp

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

「お問い合わせフォ-ム」クリック

サイト更新スケジュ-ル

2016年3月1日

プレオ-プン

2017年

グランドオ-プン延期   【創業130周年バ-ジョン】