玻璃器蔵:蔵書 No008
    『日本近世・近代のガラス論考』         岡本文一 著   

「日本近世・近代のガラス論考」         (令和2年11月25日・新潮社)

ニッポンは江戸時代に西洋のガラス製造技術を獲得していた。江戸期の九州藩は旺盛な探究心と西洋書物だけを武器に最新のガラス技術を導入すると共に近代工業を興した。未解明だった江戸時代のガラス製造の実態を解き明かす画期的な論考。             (新潮社)

長年の研究をもとに新しい知見も交えてまとめられた綿密な論考で、日本のガラスに興味をお持ちの方におすすめ (日本ガラス工芸学会)

今まで誰も手がけなかった我が国のガラス工芸の歴史をあらゆる資料をもとに徹底深求。日本工芸史に輝く労作       (版元ドットコム) 

はしがき

本書では日本の近世・近代のガラスについて、大きく分けて次の四つの手テ-マで考察した。

(一)近世初期のガラス製造

(二)国内各地・各藩のガラス製造

(三)江戸時代のガラス技法書

(四)幕末・維新期に欧米のガラス工場をどのように視察したのか

ヨ-ロッパのガラス器が日本にもたらされるようになったのは、安土桃山時代の頃からである。それまでほとんど目にすることのなかったヨ-ロッパの新奇なガラス器に、大名や商人をはじめとする多くの日本人が触れるようになり、好奇心の旺盛な日本人は、この数奇なガラス器を自分の手で作ろうと試みるようになった。

(二)国内各地・各藩のガラス製造

図2-13 「大阪ガラス発祥の地」の碑
図2-14 ガラス業者が寄進した灯籠二基   「大阪住吉大社」

【一】大阪でガラス製造が始まった時期

(前略)

これらの伝承に基づき、大阪天満宮の蛭子門の前には、大阪硝子製品協同組合が設立三十周年を記念して昭和五四年(一九七九年)に寄進した「大阪ガラス発祥之地」という石碑(図-2-13)が建てられている。この石碑には「宝暦年間(一七五一年)長崎商人幡磨屋清兵衛天満天神鳥居ニ向上ヲ設ケ当時ノ玉屋ヲ開業大阪ガラス商業ノ始祖トナル」と刻されていて、大阪における硝子製造の最初を宝暦元年(一七五一年)としている。

(中略)

上記とは別に、住吉大社には、大阪のガラス業者(玉栄講)十四名が文政十一年に奉納した二基の灯籠(図2-14)が残されており、文政年間にはかなりガラス製造が盛んであったことが推測される。

(中略)    

「買物案内」をはじめ数々の文献から同じガラスを扱う生業でも、各種の名称が見られて面白い。すべてを紹介できないが、順不同、年代不動でいくつか列記すると、眼鏡・望遠鏡関係以外では、「ぎやまんさいく」「びいどろギヤマン細工所」「硝子細工所」「諸びいどろさいく」「びいどろ屋」「ギヤマン工」「和吹硝子業者」などが挙げられる。いずれにしろ少なくとも十八世紀後半以降、大阪で硝子製造業が定着していたことは知ることが出来る。

あとがき

江戸時代に硝子を意味する言葉として一般に「ビ-ドロ」「ビイドロ」「びいどろ」が使われていたことは、時代劇や歴史小説などを通じ広く知られているのではないだろうか。次に「ギヤマン」ではないかと思う。当時もこの一つの用語を知っていれば、ほとんど用が足りた。ところが実際にはガラスを表す多様な用語や表記があった。

本書に記載した漢字表記でも「玻璃」「瑠璃」「流璃」「硝子」「瓦蝋斯」「瓦刺斯」などがあり、読み方も「硝子」は現代のように「ガラス」と読まずに「ビ-ドロ」と読むことが多く、「しょうし」と読んでいる場合もある。また「玻璃」と書いて「ビ-ドロ」と振り仮名が振ってある場合もある。

(中略)

「Glass(オランダ語ではGlas)」が「ガラス」という用語で全国的に統一されたのは、明治になって近代化が進むのと軌を一にしている。板ガラス(窓ガラス)をはじめ、電球、各種瓶類、テ-ブルウェア等々、近代あるいは現代の生活にとってガラスが不可欠な素材になったからである。このあたりの事情が同じ生活に使われる素材であっても、日本人にとっての受け止め方が、未だに他の工芸分野の素材と少し異なる要因になっていると思う。長い歴史と文化の中で培われてきた印象や感懐が、ガラスという素材に対しては薄いと言い換えても良いかもしれない。

 

 

「日本橋 瀧澤本店」ポスター
(明治30年初期)

当店の「日本橋 瀧澤本店」ポスター(明治30年初期)にも、大阪のガラス製造取引先が見て取れます。

【大阪】

  ・舶来吹 「島田」「長谷川」

  ・ホヤ  「寺村」

  ・「製硝社」「協同店」「橋本」「小野」

   「木村」「久山」  

詳しくはこちらをクリック

NEWS

【クリスタルパレス:万原子力発電国際産業制作品大展覧会】(2012)

ギャラリ-の暗闇で輝くウランガラスで制作されたシャンデリアや巨大なウランガラスの蜘蛛が浮かびあがる姿はウランという鉱物がもたらした強大な原子力に対する示唆を与えてくれる。(美術手帖引用)

【大蜘蛛伝説】(2018)

武蔵野ミュージアム
「米倉+ジュリア展
                  だから私は救われたい」
                               (11/6~3/7)

鑑賞できる美術館

「洋燈藏蔵書」新書紹介

日本近世・近代ガラス論考
岡本文一著 令和2年新潮社 

西洋から伝来したガラスの日本における近世・近代のガラスの歴史を専門的な製造技術から考察した論考書です。
日本のガラスに興味をお持ちの方にはおすすめの一冊です

岡本文一(おかもとぶんいち)
早稲田大学卒業
東京ガラス工芸研究所
明星大学教授、名誉教授

玻璃器蔵 蔵書
「近世・近代ガラス論考」

NEWS

abn長野朝日放送「いいね!信州スゴジカラ」12月19日放送【書道のまち長野市篠ノ井の書在地】で当店所蔵の川村驥山扇揮毫「福喜受栄」額と貴重な驥山扇のプライベート8mmが当店元会長夫人のインタビューと供に放映されました。
12月25日まで番組HPで全編閲覧が出来ます。

看板&家宝
「川村驥山扇 揮毫」

 東京都感染防止徹言底宣

                               整理番号:105633

臨時休業延長のお知らせ

2020年5月6日

新コロナウィルス「緊急事態宣言」延長されたことに伴い、当店も臨時休業期間の延長をさせていただきます。
【臨時休業期間】
2020年4月13日~5月31日

*KEIROW町田中央ステ-ションも臨時休業を延長させていただきます。
緊急連絡先042-737-6013

当店は東京都の休業要請に協力し感染防止に務めます。

臨時休業のお知らせ

2020年4月10日

新コロナウィルス感染拡大に対し政府から4月7日「緊急事態宣言及び東京都から「緊急事態措置」が発令されたことに伴い、当店も下記期間を臨時休業させていただきます。
【臨時休業期間】
2020年4月13日~5月10日

*KEIROW町田中央ステ-ションも同期間臨時休業をさせていただきます。
緊急連絡先042-737-6013

NEWS

NHK「チコちゃんに叱られる」2月28日放送【石油ランプの秘密】で当店HPの石油ランプの資料が使用されました。

2020年2月24日

ネットショップ オ-プン
ショッピングモール
「BASE」

リニューアル履歴

2020年2月14日

和ガラス
フォトギャラリー
「暮らしの中で・・・・・」
数枚ですが掲載しました。
よろしかったらご覧下さい。ご覧下さい。

2019年2月24日

新規追加バ-ナ-
「ウランガラス同好会HP」

2018年2月14日

「鑑賞できる美術館」
隈研吾氏デザインの「富山市ガラス美術館」を追加登録しました。ガラスの器「キクズ」が気になります。

2016年12月01日

「長野 見どころガイド」 のペ-ジを更新しました。 当店ともゆかりがある書道家川村驥山の作品を展示する「驥山館」の紹介です。  またご縁があって当店にも川村驥山扇 揮毫の額と掛け軸を収蔵してます。

2016年8月25日

「長野 見どころガイド」 のペ-ジをアップしました。
​善光寺大門蔵のある長野市周辺を中心に信州・北信地区の見どころをご紹介してます。

2016年8月9日

安川巌著​「原色圖説洋燈考」のペ-ジをアップしました。

2016年4月19日

「ガラスがわかる用語集」「鑑賞できる美術館」の  ペ-ジをアップしました。

takizawashoten@dune.ocn.ne.jp

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

「お問い合わせフォ-ム」クリック