洋燈蔵:蔵書 No003
    『ランプ』                川上澄生著

『ランプ』 川上澄生 著(昭和28年・竜星閣刊・限定1000部)

本書は、詩人・版画家の川上澄生(かわかみすみお)の文と木版集です。そして川上澄生といえば文明開化や南蛮風俗に材をとった多彩な木版画であり、たとえばランプであり洋館であり馬車であり山高帽の紳士が描かれています。ランプの時代を彷彿とさせる文面と情緒を感じさせるランプの版画が満載の洋燈・ランプの世界魅了し、引き込まれる本です。       (初版、昭和15年・アオイ書房刊・限定500部)   (昭和52年、東峰書房刊、復刻版500部) 昭和52年にも東峰書房刊より復刻版(初版限定500部)か発刊されている。         また、本書以外にも「洋燈と女」(昭和40年・手彩色入墨摺木版画・限定50部)がある。

『ランプ』 川上澄生 著
昭和28年・竜星閣
刊 

         A

文明開化は黒船によってやつてきた。ご維新になると文明開化は大ぴらでやつて来た。陸蒸気は車窓の外の風景を眼が廻るやうに走らせた。それにも増して針金便りは早い。櫓時斗や尺時圭は舶来の袂時計となつて人々の懐のなかにおさまつた。「只今は何字時ですか」「西洋第九字時です」時計の文字板の羅馬数字を在来の刻限にあてはめた小冊子なども現はれた。そして頭には高帽子(ハツト)や平帽子(ケツプ)をかぶり手には洋傘(オンブレラ)を持ち足には靴をはいて紳士は馬車に乗った。この時文明開化は家庭にあつては洋燈の花を夜の闇の中に咲かせた。

         B

然り、洋燈は夜の華である。釣るし洋燈は天井からたれ下がって開花し、台洋燈は机上、卓上又は室内の至る所に開花し、柱にとりつけられて枝の先に花開いた如くあるのは背面に反射鏡を持つ洋燈である。洋燈が輝けば夜の闇黒は後退する。行燈や燭台の周囲にもやもやとにじんで居たうす暗がりは、洋燈に依つて完全に隣の室までに追いやられた。

            M

夕方近い街には点燈夫の先駆のやうに街燈や軒燈を掃除して歩く役の人があった。いでたちは点燈夫も同じこと、半ズボンに脚絆をはいて草履がけで必ず鍔のぐにやぐにやに垂れ下がつた古い中折帽を被り薄汚れた手拭を首に巻いて居る。そして脚立を肩にかけ、ひたひたと走り、街燈や軒燈のところで適当に脚立を拡げ或いはそのまま立てかける。それから幾足か脚立に登つて街燈や軒燈の中から洋燈を取り出す。馴れた手つきで火筒の中を油染みた布でえぐるやうに拭き、石油の足りない油壷には石油を満たし、洋燈の心をちよっとひねり、急いで脚立から下り、又脚立を担いで次の場所に駆けて行く。点燈夫はそれから来るのである。手提げ洋燈を持ってやはり脚立を担いでやって来る。針金の曲がった先につして居るのは艦楼切れに洋燈の火を移し、街燈や軒燈の中の洋燈の火筒の中に差し入れる。すると心が適当に出て居る洋燈は一時に花を開くやうに明るくなる。そして艦楼切れの火を吹き消すかと思うと、脚立から下りて又脚立を担いで先を急いで行く。横丁や路地から煮炊きの煙や匂いをなびかせると子供たちは急に里心がついて「あばよ、芝よ、金杉よ」とか「カエルがなくから帰ろ」とかお定まりの文句を口にして「人さらい」が恐ろしくなる。「人さらい」は夕もやに乗じてやつて来て子供をさらふのだ。だんだん暗くなると、家々に洋燈がともり街燈や軒燈は輝きを増して来る。

洋燈蔵  フォトギャラリ-

 

【あかり】

お知らせ及びお詫び

現在、フォトギャラリ-に掲載しております写真は、大門蔵内の仕分作業中のためまだ一部しかアップされておりません。作業が完了したものから順次アップして参りますので、大変に申し訳ございませんが全品掲載まではもう暫くお待ちください。 

詳しくは「善光寺大門蔵

NEWS

【クリスタルパレス:万原子力発電国際産業制作品大展覧会】(2012)

ギャラリ-の暗闇で輝くウランガラスで制作されたシャンデリアや巨大なウランガラスの蜘蛛が浮かびあがる姿はウランという鉱物がもたらした強大な原子力に対する示唆を与えてくれる。(美術手帖引用)

【大蜘蛛伝説】(2018)

武蔵野ミュージアム
「米倉+ジュリア展
                  だから私は救われたい」
                               (11/6~3/7)

鑑賞できる美術館

「洋燈藏蔵書」新書紹介

日本近世・近代ガラス論考
岡本文一著 令和2年新潮社 

西洋から伝来したガラスの日本における近世・近代のガラスの歴史を専門的な製造技術から考察した論考書です。
日本のガラスに興味をお持ちの方にはおすすめの一冊です

岡本文一(おかもとぶんいち)
早稲田大学卒業
東京ガラス工芸研究所
明星大学教授、名誉教授

玻璃器蔵 蔵書
「近世・近代ガラス論考」

NEWS

abn長野朝日放送「いいね!信州スゴジカラ」12月19日放送【書道のまち長野市篠ノ井の書在地】で当店所蔵の川村驥山扇揮毫「福喜受栄」額と貴重な驥山扇のプライベート8mmが当店元会長夫人のインタビューと供に放映されました。
12月25日まで番組HPで全編閲覧が出来ます。

看板&家宝
「川村驥山扇 揮毫」

 東京都感染防止徹言底宣

                               整理番号:105633

臨時休業延長のお知らせ

2020年5月6日

新コロナウィルス「緊急事態宣言」延長されたことに伴い、当店も臨時休業期間の延長をさせていただきます。
【臨時休業期間】
2020年4月13日~5月31日

*KEIROW町田中央ステ-ションも臨時休業を延長させていただきます。
緊急連絡先042-737-6013

当店は東京都の休業要請に協力し感染防止に務めます。

臨時休業のお知らせ

2020年4月10日

新コロナウィルス感染拡大に対し政府から4月7日「緊急事態宣言及び東京都から「緊急事態措置」が発令されたことに伴い、当店も下記期間を臨時休業させていただきます。
【臨時休業期間】
2020年4月13日~5月10日

*KEIROW町田中央ステ-ションも同期間臨時休業をさせていただきます。
緊急連絡先042-737-6013

NEWS

NHK「チコちゃんに叱られる」2月28日放送【石油ランプの秘密】で当店HPの石油ランプの資料が使用されました。

2020年2月24日

ネットショップ オ-プン
ショッピングモール
「BASE」

リニューアル履歴

2020年2月14日

和ガラス
フォトギャラリー
「暮らしの中で・・・・・」
数枚ですが掲載しました。
よろしかったらご覧下さい。ご覧下さい。

2019年2月24日

新規追加バ-ナ-
「ウランガラス同好会HP」

2018年2月14日

「鑑賞できる美術館」
隈研吾氏デザインの「富山市ガラス美術館」を追加登録しました。ガラスの器「キクズ」が気になります。

2016年12月01日

「長野 見どころガイド」 のペ-ジを更新しました。 当店ともゆかりがある書道家川村驥山の作品を展示する「驥山館」の紹介です。  またご縁があって当店にも川村驥山扇 揮毫の額と掛け軸を収蔵してます。

2016年8月25日

「長野 見どころガイド」 のペ-ジをアップしました。
​善光寺大門蔵のある長野市周辺を中心に信州・北信地区の見どころをご紹介してます。

2016年8月9日

安川巌著​「原色圖説洋燈考」のペ-ジをアップしました。

2016年4月19日

「ガラスがわかる用語集」「鑑賞できる美術館」の  ペ-ジをアップしました。

takizawashoten@dune.ocn.ne.jp

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

「お問い合わせフォ-ム」クリック