オフィシャルサイト開設10周年記念   (since2010.0.5.01) 
               
8月1日開始        
第一弾 オンラインショップ50%offセ-ル
                                          【期間】2022/08/01~2022/10/31        各5セット限定 

【商品発送について】長野大門蔵在庫につき商品出荷は毎月中旬1回になりますのでご了承下さい。

オンラインショップ   BASE

プレスガラス(型押しガラス)とは

プレスガラス(型押しガラス)は、ガラス容器の形を内側に型取った凹型と凸型を用い、凹型に溶けたガラス種を入れ、凸型で押して形成するガラス製造方法です。また、ガラス製法には、うつわづくりの基本となる「吹きガラス」があります。「吹きガラス」には、どのように形を整えるかの違いで「 宙吹きガラス」と「 型吹きガラス」の2種類がありますが、基本的にはどちらも同じ製法です。しかしプレスガラス(型押しガラス)は、型吹きガラスに比べてより鮮明に型の模様を写し取ることが可能であり、厚くて丈夫で大量生産に向いています。

吹きガラスについて詳しくは
ブログ「吹きガラスうんちく」

プレスプレートとは

明治・大正・昭和初期につくられたプレスガラスのうつわの中でも、プレスプレートは当時の文化を刻み込んでしまっている遊び心があるものです。例えば、戦勝記念や肖像を刻印することは、明らかに西洋の模写なのですが、何を刻し、何をアビ-ルしたかを知ることは、その時代の気風を知ることになります。およそ300種とも400種とも言われる文様の面白さも見逃すことが出来ません。模様では、網目模様・手毬模様やリンゴハ-ト模様などがあり、形も通常の円形のほか、楕円形や四角いものもあります。また、レ-ス皿と呼ばれるものや襞の付いたものもあります。大きさも小型なものから大きなものまで様々です。従来日本には存在しなかったこのプレスプレートは、西洋の影響を受け模造から始まった各種のデザインは日本独特の花鳥風月を取り入れ見事にデザイン化されている職人の技量や感覚の豊かさには、目を見張るものがあります。プレスプレートは、明治・大正・昭和初期の息吹を伝えるガラスの便りと言えます。

プレスプレートの歴史

日本の本格的なプレス加工のよるガラス器の生産は、明治初年に品川硝子製作所がイギリスから二台のプレス加工の機械を輸入して以降のことである。すでにこの時からプレス製品には西洋の影響が強く、鮮明に刻印されていました。ドイツのマイセンが日本の柿右衛門様式を模倣したように、日本におけるプレスガラスは、輸入された様々な欧米製品の意匠を取り込んだものでした。イギリスやアメリカ製のプレスブレ-トは、レ-ス状の文様が複雑すぎてかえって記憶には残りません。一方、日本製ブレスプレ-トは、そうした外国の影響から脱し、質の良い鋳鉄によつて和風の型をつくり、主として国内向けに雅やかな伝統意匠のプレスブレ-トを創作して行きました。例えば「紅葉型平皿」は明治43年(1910年)発行の東京・本所の福島工場のプレス・カタログにすでに見て取れます。紅葉に鹿の小倉山・水玉に水車・磯千鳥などは王朝の風雅。福良雀・福禄寿・七宝文は吉祥の祈り。まさに日本の「ぴいどろ」の伝統がここに、プレスブレ-トに息づいています。また、明治38年(1905年)の旅順没落、東郷平八郎による日本海海戦の勝利は、直ちに商標や日本の諸工業の意匠にヒントをあたえ、漆器やプリント転写磁器に戦勝モチ-フのものが生まれました。ガラス器も例外でわなく、記念のプレスブレ-トが制作されました。大阪・北区の製硝合資会社は大正まで石笠やプレスブレ-トを制作していましたが「大日本海軍万歳」と刻まれた皿を売り出していました。従って戦勝皿はプレスブレ-ト(プラスガラス)の年代基準として貴重なものになっています。

プレスプレートの魅力(蒐集)

プレスプレートほど評価が極端に違うものはありません。ガラス専門の古美術商では文様別に高い値がついていますが、陶磁器を得意とする店では埃をかぶって放置されたりしています。単純に供給のバランスが悪く、知る人ぞ知る工芸品の位置にとどまっているためです。また、プレスの世界には三好鹿蔵・野々村藤助・糸山慎太郎と言った明治の名工がおり、イニシャル入りの作品も見られます。ガラスという素材に時代や風俗が映っているプレスブレ-トに収集家の興味つきません。そして何よりも日常のに暮らしのなかで使える魅力があります。

玻璃器蔵フォトギャラリ-

 

    【プレスプレート】

お知らせ及びお詫び

現在、フォトギャラリ-に掲載しております写真は、大門蔵内の仕分作業中のためまだ一部しかアップされておりません。作業が完了したものから順次アップして参りますので、大変に申し訳ございませんが全品掲載まではもう暫くお待ちください。 

詳しくは「善光寺大門蔵

長野大門藏

契約終了でテナント閉店に伴い、「善光寺ご開帳」を迎えるにあたりショ-ウィント゛にランプを展示しライトアップ点灯を実施しました。

詳細はこちら

善光寺ご開帳

令和4年4月3日~6月29日

7年に一度の盛儀「善光寺ご開帳」数え年で七年に一度、絶対秘仏であるご本尊の身代わり「前立本尊」を本堂にお迎えして行うのが「善光寺前立本尊ご開帳」です。
阿弥陀如来の右手に結ばれた金糸が五色の糸になって伸びていき、さらに白い糸になって回向柱に結ばれ、触れることにより前立本尊とつながり功徳が得られると言われます
新型コロナウィルスの影響もあり、当初令和3年春開催の予定でしたが、令和4年春、いよいよ幕が開けます。
また、感染予防のため通常57日間の期間を88日に延長し分散参拝を促します。

 

長野市見どころガイド
 信州善光寺

takizawashoten@dune.ocn.ne.jp

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

「お問い合わせフォ-ム」クリック

「洋燈藏蔵書」新書紹介

日本近世・近代ガラス論考
岡本文一著 令和2年新潮社 

西洋から伝来したガラスの日本における近世・近代のガラスの歴史を専門的な製造技術から考察した論考書です。
日本のガラスに興味をお持ちの方にはおすすめの一冊です

岡本文一(おかもとぶんいち)
早稲田大学卒業
東京ガラス工芸研究所
明星大学教授、名誉教授

玻璃器蔵 蔵書
「近世・近代ガラス論考」

NEWS

abn長野朝日放送「いいね!信州スゴジカラ」12月19日放送【書道のまち長野市篠ノ井の書在地】で当店所蔵の川村驥山扇揮毫「福喜受栄」額と貴重な驥山扇のプライベート8mmが当店元会長夫人のインタビューと供に放映されました。
 

看板&家宝
「川村驥山扇 揮毫」

NEWS

NHK「チコちゃんに叱られる」2月28日放送【石油ランプの秘密】で当店HPの石油ランプの資料が使用されました。

リニューアル履歴